CAD製図のメリットとは?手描きとの比較とCAD導入のポイントを解説


CAD製図のメリットとデメリット

CADはパソコン上で製図が可能なツールです。メリットとしては、導入しやすい点が挙げられます。CADはパソコンがあれば使えるツールで、中にはフリーソフトもあるため、手描きよりも導入しやすい製図手段といえるでしょう。デメリットとしては、ツールを使いこなすまでに時間がかかる点です。製図のルールは幅広いうえに細分化されている内容も多いため、CAD上で使えるコマンドもそれに伴って非常に多くなっています。慣れないうちは、描きたい形があってもどのコマンドを使えば良いかわからず、手描きより効率が下がってしまう場合も少なくありません。

手描き製図のメリットとデメリット

手描き製図のメリットとして、パソコンやツールの知識が不要な点が挙げられます。製図のルールがしっかりと頭に入っていれば、ペンや定規を用いるだけで図面作成が可能です。デメリットとしては、製図に必要な道具を準備する必要がある点です。手描き製図に必要な道具はたくさんの種類があるため、揃えるにはある程度の知識と労力が必要で、値段も決して安くはありません。

CADの導入でおさえておきたいこと

CADの導入でおさえておきたいのが、2Dと3Dのどちらを選ぶかです。2Dの場合は手描きに近い感覚で製図できますが、形が複雑で部品点数も多い部品だと作図難易度がかなり高くなります。一方で、3Dは製品をパソコン上で立体で表現するため、複雑な製品でも視覚的に見やすいツールです。立体を作っていく操作は手描きの製図とは大きな違いがあるため、使用難易度は2Dよりも高くなっています。

電気CADは、設計や製図を効率的に行えるソフトであるCADの中でも特に、電気設計のサポート機能に優れたもののことです。